RE100

RE100に加盟している企業を応援しよう!

原自連では、2018年1月に発表した「原発ゼロ基本法案」で2030年に自然エネルギー50%、2050年には100%も可能であると謳いました。

残念ながら野党4党が3月に提出した「原発ゼロ法案」は自民公明の拒否に遭い、一度も審議されない状況ですが、着実に自然エネルギーは拡大し、事業者も増えています。市民がひとりでも応援できる方法として以下のことを提案します。

RE100に加盟するには、①再生可能エネルギー100%に向けた宣言を行うこと

②毎年、報告書提出を行うことの二つのハードルがあり、企業は支社や海外拠点、そして投資先もと高いハードルがあります。加入の際は数値目標を掲げた宣言をするので、他の数ある団体より厳しいと言えます。日本にはまだ17社しかありません。

<日本企業>

加入順に数値目標も列記します。

リコー(目標2030年30%、2050年100%)

積水ハウス(目標2030年50%、2040年100%)

アスクル(目標2025年80%、2030年100%)

大和ハウス(目標2040年100%)

ワタミ(目標2035年50%、2040年100%)

イオン(目標2035年50%、2050年100%)

城南信用金庫(目標2030年50%、2050年100%)(2019年1月100%達成)

丸井グループ(目標2025年70%、2030年100%)

富士通(目標2030年40%、2050年100%)

エンビプロ・ホールディングス(目標2050年100%)

ソニー(目標2030年30%、2040年100%)

芙蓉総合リース(目標2030年50%、2050年100%)

コープさっぽろ(目標2030年60%、2040年100%)

戸田建設(目標2040年50%、2050年100%)

コニカミノルタ(目標2050年100%)

大東建託(目標2040年100%)

野村総合研究所(目標2030年36%、2050年100%)