ドキュメンタリー映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』完成!

ドキュメンタリー映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』完成!
(プロデュース:河合弘之弁護士 監督:小原浩靖)
内容
2014年、関西電力大飯原発の運転差止命令を下した樋口英明元裁判長が定年退官を機に始めた脱原発運動と原発の危険性を指摘する”樋口理論”を映像化。また、被災地福島で放射能汚染によって農業を廃業した近藤恵(けい)さんが、東京ドームの面積を超えるソーラーシェアリング農場と共に農業を復活させる様子を描いています。
2022年9月東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開。
ホームページ
全国の劇場に届けるための宣伝費を募るクラウドファンディング
8/9 23:59まで開催しています。
映画公式Twitter
映画公式Facebook
監督・小原浩靖プロフィール
1964年大阪生まれ。大阪芸術大学卒。
TV-CMなど映像広告を企画・演出し作品数は700本を超える。
河合弘之監督の映画『日本と原発』『日本と原発 4年後』『日本と再生』では、脚本・編集・監督補を拝身風太郎の名義で務める。
2020年『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』で映画初監督。
第26回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞、
第38回日本映画復興賞奨励賞を受賞